高齢者転倒リスク.com » アレルギー性鼻炎の原因

アレルギー性鼻炎の原因

アレルギー性鼻炎とは、風邪を引いたわけでもないのに、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの健康障害が起こる病気です。また主なアレルゲンとしては、春先に多い花粉症のもととなる花粉や、ダニ、ハウスダストなどです。またカビ類やペットの毛の例も多くあります。

アレルギー性鼻炎ではくしゃみは一日に何度も起こり、その発端としては鼻の中のむずむずした感じで、あまりひどいと痛みを覚えることもあります。

またアレルギー性鼻炎になると鼻水は透明色で粘り気のないあまり汚れていないタイプが沢山出てきます。鼻づまりは嗅覚を鈍らせ、口呼吸するほど詰まりやすくなります。このような状態ではほかの健康面に問題が出てくることもあります。

まず花粉が多い時期によくこれらの症状が出るという場合は、花粉症や多汗症などが原因として考えられますが、オールシーズンタイプの場合では、ダニやハウスダストが最も原因となりやすいと言われています。

アレルギーとは、健康に害が無いものについてそれを異物であるとみなし、免疫反応を起こす症状です。ほとんどの場合家族にも同様のアレルギーが見られますが、詳細を調べるためには血液検査やバッチテストなどが行われます。

健康に戻す方法としては、まず生活環境を改善しなければなりません。アレルゲンとの接触をできるだけ避けるために、花粉が多い季節はできるだけ外出を控え、布団を防ダニタイプに変え、外出したら帰ったときに髪や衣服を叩いてアレルゲンをできるだけ取り除きます。

またダニやハウスダストが健康に害を出している原因の場合は、畳やじゅうたんをフローリングタイプのものに変えたり、極力室内を清潔に保つようにします。

また薬物療法でもアレルギー性鼻炎を抑え、健康に近づくことが出来ます。減感作療法や外科療法などが主な方法です。もう1つ健康に大切なのが、食事内容の改善です。最近は特に欧米化が強まり、たんぱく質や脂肪をとりすぎる傾向が強いと言われています。

アレルギー性鼻炎が起こりにくくするためには、日本食が最適です。穀物や野菜、魚類などを増やすことで、動物性たんぱく質を補給し健康になることができます。肉類や卵などを使った料理に偏ると、どうしてもアレルギーは起こりやすくなってしまいます。