高齢者転倒リスク.com » 症状の変化

症状の変化

五十肩には三段階の病期があり、それぞれの病期によって症状が変わってきてしまいます。まずこの病期の中で比較的最も辛い時期が急性期と呼ばれる最も炎症の強い時期です。

炎症が強いので、肩や腕などの痛みが辛い時期でもあります。五十肩に良い体操や運動というものがありますが、この時はなるべくそういった体操などをやることは避けた方が良いと思います。

体操ももちろんですが私生活でなるべく肩や腕に負担のかけないように意識するべき期間です。とはいっても全くしないのではなく極力負担のかからない形でなら多少は体操をした方が良いという事もあるみたいです。

そしてこの時期に無理してしまうと炎症がさらに悪化してしまう恐れが十分にあるので言うなれば安静にしておきたい時期ですが何かをするにしても無理はしない事です。

個人差がありますが急性期はひと月くらいで落ち着いてきて、いわゆる慢性期と呼ばれる時期に入ります。急性期をどのようにして過ごすかによって慢性期に至るまでの期間が変わると思うのです。

急性期に肩や腕に負担をかけ無茶をしてしまうと、そういった所で病期が長引いてしまう原因になる可能性も十分にあると思います。まず強い痛みを感じたら病院でしっかりと薬をもらう事は当然大切になってきます。

そして個人的に患部に対してのケアも必要で、炎症が酷く痛みが強い場合などには自分で患部を冷やし、痛みが治まるようであれば患部の温度調節をしっかり行います。

冷やしたら冷やしっぱなしではまた患部には良くないので自己管理をしっかりしたいものです。急性期が終われば痛みも引いてきますし、運動制限も多少は無くなりますがまだ激しい運動ができる状態ではありません。

最後にほぼ問題ない状態である回復期に至までには数ヶ月必要ですが、徐々に患部をならしていく事によって完治に近づいてくるので個人の努力も必要になってくると思います。