高齢者転倒リスク.com » 腰椎分離症の治療

腰椎分離症の治療

腰椎分離症になると、ほとんどの場合、保存療法で良くなります。治療をしながら、腰椎の周りにある背筋、腹筋や股関節周囲筋を鍛え、また、正しい姿勢を守ることで、筋肉がコルセットとして機能する、いわば正常な状態に近づけるようにします。

この方法では、コルセットなどの装具を装着しての治療、鎮痛剤などを投与して痛みを緩和させる薬物治療、神経に直接注射をして患部の緊張を解くブロック注射などが主なものです。

腰椎分離症で保存療法をする際に最も大事なのは、できるだけ安静にすることです。とくにコルセットはこの原則に則って使用されることが多くなります。

腰椎分離症の痛みを消すための薬物も結局のところはできるだけ安静を保つことに寄与します。疼痛に対しては消炎鎮痛薬や筋弛緩薬を用います。

さらに、神経自体の修復機能を助けるために神経賦活薬や末梢循環改善薬を用いる場合もあります。

薬物であまり長期間継続して使用することで胃腸障害などが出る場合がありますので、一定期間使用しても腰椎分離症の症状に効き目が無い場合は他の方法を決断します。

また理学療法では腰椎分離症の患部または他の部位を温め、血液循環をよくすることで腰椎分離症の痛みを改善します。

この場合温熱による改善を目指すのが主なものになります。ブロック注射は痛みに対する効果が高く、血液の循環をよくし、自然治癒力を促すために用いられます。

腰椎分離症は基本は保存療法ですが、症状が一向に改善しない場合もあります。またこのケースでは手術を考えることが多くなります。

手術は分離した部位の固定をする方法がもっとも多く用いられ、患者には幾分負担が大きい場合がありますので、手術していいかどうかを綿密にチェックする必要もあります。
自分の骨や人工の骨を移植して固定する方法が主ですが、症状によっては金属で固定する場合もあります。

また腰椎分離症は少年期などの若い頃に激しい運動やトレーニングをすることで発症することがほとんどです。そのため早期治療によって骨癒合が成功する例も多くあります。