高齢者転倒リスク.com » 完治は可能かどうか

完治は可能かどうか

椎間板ヘルニア自体は、近年では医療技術の発達で「完治」も決して不可能ではない病気になってきました。しかもその治療にはかならずしも手術が必要ではなく、保存療法によって、大きな効果をあげた例も多く報告されるようになってきました。

また、治療法自体も、近年では、非常に多く報告されるようになってきており、保険の対象外ですがレーザー治療のような方法も採用されているほか、その他、ブロック注射など薬学的な方法によって、一定の効果を期待できる例もあります。

椎間板ヘルニア自体は、放置しておくと、症状が悪化して、患部が巨大化するような例もあるので、出来る限り早期のうちに発見し改善の努力をするよう心掛けることが望ましいとされてきました。

改善方法としては、薬学的なものはもちろんのこと、運動や体操などによって、患部の血行をよくするなどして、長期的な療法で完治を目指す方法もあります。

ただし、椎間板ヘルニアのように、症状が悪化してしまうような場合、放置しておくと、逆に病状が悪化してしまい、進行してしまう可能性があるので、医師の指示のもと、適切な治療を受けるようにしてください。

また、整体や整骨院に通っているときでも、一時的に痛みが緩和されたとしても、完治としては、まだ相当、先のことである可能性もあります。

病状については、冷静に、どのような治療が必要になるのか、自分で正確に判断して、最も適切な選択が出来るように心がけるようにしておくとよいでしょう。

また、近年では生活を大きく改善したことによって椎間板ヘルニアが完治した例も報告されているので、必ずしも手術だけが治す方法とは限りません。

症状を正確に捉えて、どのような手段が最も適切なことなのか、ということを冷静に判断することも患者自体に求められることです。部位も症状も必ずしも、患者一人一人が同じとは限らないので、適切な選択が出来るように慎重に対応してください。