高齢者転倒リスク.com » 四十肩と五十肩の違い

四十肩と五十肩の違い

四十肩と五十肩、どちらも日常生活の中で一度は耳にしたことがある言葉だと思います。どちらも肩が上らないというような老化のイメージがあるのではないでしょうか。

両方ともイメージとしては同じなのに、なぜ名前が違うのでしょう。このふたつのの違いとは一体何でしょう。

結論から言うと、違いは無いのです。どちらも正しくは「肩関節周囲炎」と言って、「五十肩」などというのは俗称でしかありません。

30代、40代以降に発症すると四十肩、50代以降に発症すると五十肩と呼ばれます。なので、違いは発症した年齢でしかありません。

これらの病気を肩こりだと思っている方も多いですが、全くの別物なのです。また、五十肩はより症状が重いという認識も誤っています。

もともとは適度な運動をしていれば、患うことは少ないものです。ただ、近年インターネット等の普及でデスクワークが増え、休日外で身体を動かす人も少なくなってきました。

そのような背景もあって、五十肩は低年齢化が進んでいます。現在は、四十肩という呼び方の方がよく耳にしますが、昔は五十肩という呼び方の方が一般的でした。昔は六十肩があったとも言われています。

五十肩の低年齢化が進んでいる現在、三十肩や二十肩が現れてもおかしくない状況にあります。「自分はまだ若いから大丈夫」と油断していると要注意です。

たまには外に出て、身体を動かし、心身ともにリフレッシュをすれば、五十肩の治療をするなどということにはならないと思いますので、適度に身体を動かすように心掛けましょう。