高齢者転倒リスク.com » 安産に備える

安産に備える

出産間近になると、妊婦さんには様々な感情が起こります。もちろん赤ちゃんの誕生は楽しみでもあり、また陣痛や出産、分娩の痛みについては初産の方は特に大きな悩みとなりがちです。

またお腹が大きくなると腰痛や膝痛にもなりやすくなります。このような状況にある妊婦さんにお勧めの治療法が安産灸です。

妊娠した後の身体の不調の改善のために、また陣痛や分娩の時間をできるだけ少なく、楽なものにするための方法として多くの方が好んで用いています。

婦人系の疾患によく用いられるツボに、三陰交というツボがあります。このツボは安産にも高い効果があるといわれ、古くから用いられているツボでもあります。

その他には逆子用のツボや、腰痛などに効果のあるツボもよく使用されます。三陰交は妊婦さんの体調が悪い、足がむくむ、難産だったことで次はもっと楽に産みたい、母乳の出が悪いようだ、また赤ちゃんの消化器系を健康にしたい、など、幅広い目的に使用されています。

お灸ですから多少は熱いですが、ほとんどの方はすぐに慣れます。また灸をした後はとてもリラックスした気分になります。安産灸は鍼灸院でも取り扱っているところが多くあります。

あるいは鍼灸院によっては妊婦に灸をすえないところもあるかもしれません。特に女性のベテラン鍼灸師が行う安産灸を頼るのがお勧めです。

このようなタイプの鍼灸師も増えています。あるいは安産灸はホームケア、自宅での治療としても用いることが可能です。また始めはプロの手解きを受けたほうが正解です。

症状に併せて灸の量や種類を決定してから、同じものを用意してもらうことも可能です。もっとも簡単な方法は、せんねん灸などの手軽なワンタッチタイプのお灸を購入して、お灸の裏にあるシールを剥がし、先に火をつけてから三陰交の上におく方法です。

その他にもマッサージやトレーニング法など、様々な方法を妊娠期に併せて用いることで、より楽な出産をすることが可能です。