高齢者転倒リスク.com » 腰痛の原因と改善法

腰痛の原因と改善法

最近、散歩をしているとだんだん腰が痛くなり歩くのが少し辛くなってきました。もともと痛みはあったのですが、整形外科で診てもらっても異常がなかったのでシップを貼る程度くらいしかしていませんでした。

しかし最近痛みが増してきたので自分なりに調べてみました、。原因は様々で、骨盤のゆがみや、普段の生活の中での癖、肩凝りから、足の疲労、ストレス、股関節のゆがみなどいろいろです。

では、自分の腰痛の原因は何なのかと言うことになるわけですが、素人では分かりませんよね。整形外科では異常がないわけですから、ヘルニアとか内臓疾患ではないので、整体で改めて見てもらうことにしました。

その結果、股関節の歪みや骨盤の歪みもあると言われました。たしかに歩くとき少しギクシャクした感じがあったのですが、関節が歪むという認識がなかったので思ってもみませんでした。

股関節は骨盤にある足の付け根のところですから、ここが歪んでいるということは、骨盤も歪んでいるということですよね。

整形外科でレントゲンを撮ってもらったときは腰のレントゲンばかりだったので、足の付け根のところまではみてもらいませんでしたので分かりませんでした。もっと早いうちに整体にきていれば良かったと思いました。

歪みを治すには整体で骨盤の歪みを矯正することが効果的な方法だそうです。

股関節が骨盤のくぼみの中で回転することで、足が動くことができるのですが、太ももの骨の先端が骨盤のくぼみの中で定位置に収まっていなければ、滑らかに足が動かなくなるそうです。

股関節が歪んでいると、かがんだ時、立ち上がろうとするときなどは痛くてスッと動けません。立ち上がった後歩こうとすると、痛みのせいか腰と足が曲がった状態で何歩か歩いて慣らさないと、そのあとスムーズに歩けません。

知らず知らずのうちに足がO脚になっているときがあります。歪みを治すために整体で施術をしてもらっていますが、最近効果が出てきたなと思うのは立ち上がる時O脚になっていないことです。整体のおかげで少しずつですが症状はよくなってきています。

症状が軽いうちに整体にきていれば、もっと早くに症状が治っていた事でしょうね。