高齢者転倒リスク.com » 症状について

症状について

首周りで発生し、痛みを伴う疾患である頚椎ヘルニア。これは、椎間板・線維輪に亀裂が入ることが原因となり、内部の髄核外部に露出することで、さまざまな症状を引き起こします。

では、頚椎ヘルニアにはどのようなものがあるのでしょうか。まず、頚椎ヘルニアについて多くの人がしているであろう勘違いについて、訂正をしておきたいと思います。

先に述べたようなことが原因となって、椎間板の機能が破綻することで発生する、頚椎痛や肩こりなどは、老化による頚椎の経年変化が原因となることも考えられるため、局所的な痛みについては、必ずしも頚椎ヘルニアが原因ということではありません。

頚椎ヘルニアによる特有の症状は、露出した髄核が脊髄や神経根などの神経組織を圧迫することで発生する手足のしびれや痛み、脱力などの「神経症状」が主なものとなります。

脊髄が圧迫されると、手足にしびれが現れます。発生の程度については、手足の先端に行くほど強くなる傾向が見られます。このしびれは身体の両側もしくは片側に発生します。

上半身で発生するしびれは、物が掴めなくなる程度の握力の低下や、指を使う細かな作業が困難になるなど、主として指先の細かな動作において障害が発生します。これらの頚椎ヘルニア症状が出ると、字を書くことや、衣服のボタンのとめ外しなどが困難となります。

下半身で発生するしびれは、歩行の際に足が思うように動かなくなり、歩幅が狭くなります。これによって階段の昇り降りが困難になるケースも見られます。

これらの頚椎ヘルニア症状は、脊髄のどの部分がどの程度圧迫されるかによって変わってきます。そのため、軽度の手のしびれから、立ち上がることも困難になる高度な麻痺まで、さまざまな状態が現れます。

また、脊髄ではなく、脊髄から枝分かれした神経根が圧迫された場合では、頚椎痛と上半身の片側にのみ症状が出ます。この頚椎ヘルニアの場合では、頚椎の位置やその動作で変化する上半身の痛みやしびれ感が特徴となります。