高齢者転倒リスク.com » キッチンを変える際の注意点

キッチンを変える際の注意点

今リフォームが非常に注目されているなか、一軒家でのリフォームならともかく、マンションでリフォームをする際にはどういった事に気を付け、また考えて計画していけばよいのでしょうか。

マンションには一軒家とは異なり注意しなければならないポイントがいくつかあるようです。では、今回は、マンションでのキッチンリフォームを例としてご説明していきましょう。

まず、電気やガスの容量についてです。容量の制限によっては、取り付けできない機器も出てきてしまうのです。

マンションによっては、各戸で使用できる電気の容量とガス給湯器の大きさに制限がもうけられていることがあるようなのです。

例えばガス給湯器は16号までという制限があるのであれば、その大きさを超える給湯器の取り付けはできないということになってくるわけなのです。

家の中の電化製品は年々増えていってので、エアコンやIH、乾燥機や炊飯器、電子レンジなどは容量が大きいので注意していく必要があります。

また、一軒あたりの電気容量には30アンペアなどの制限があるので、15アンペアほど必要なIHクッキングヒーターの取り付けの際には、エアコンなど他の電化製品との兼ね合いを考えていかなければ、同時に使用するたびにブレーカーが落ちてしまうようなトラブルも起こってきてしまうのです。

ですから、まずマンションでのキッチンリフォームのプランを立てる際には、電気とガスの容量の制限をきちんと管理組合に確認してからその中でバランスののいい理想のプランを考えていかれたらと思います。

キッチンのリフォームでお悩みなら、リノベーション費用見積もり比較ナビのサイトを利用し、優秀な業者を紹介してもらうようにしましょう。きっと、あなたのお悩みを解決してくれるはずです。ぜひ、一度ご覧になってみて下さい。