高齢者転倒リスク.com » バリアフリーマンション

バリアフリーマンション

最近ではバリアフリーを考慮したマンションというものが話題を呼んでいます。ですが実際には専有部分はしっかりと工事がされていても、共有部分までは手が回っていないことも多いです。

共有部分までとなるとコストがかなりかかってしまうことは間違いなく、特に後からリフォーム・リノベーションで改築した場合にはそこにまで予算が回せないのでしょう。

最初からバリアフリーで計画されていたマンションならば配慮もされて入るでしょうが、普通のマンションに後から取り入れていった場合にはこういったことがあります。

気に入った物件を見つけたとしても、共用部分が使いにくかったということもありますから、利用者になった立場でそういったことを見ましょう。

また、バリアフリーマンションのリフォームは室内ならば可能ですが、共有の場所となると難しいものがあります。共用部分はすべての区分所有者が共同所有するものですから、必要だからといって一存で変更することは認められていません。

住民同士あるいは住民と管理組合の間で話し合ってからバリアフリーを進めていく必要があります。リフォームの際はそういったことも考えて行いましょう。