高齢者転倒リスク.com » ノロウイルスの症状

ノロウイルスの症状

ノロウイルスはウイルス性胃腸炎としては代表格と言われ、その潜伏期間は約2日程度です。食事が原因の場合が多いですが、潜伏期間が長いため、2日前に何を食べたかをよく覚えておかないと特定ができなくなります。

主な症状は吐き気や嘔吐、下痢や腹痛、発熱などです。このような症状は健康だと思っていたところにいきなり襲ってくる場合が常で、数時間まで自覚症状という意味ではまったくの健康だったのに夜中に突然起こるという場合も少なくありません。

夜中にトイレに入りっぱなして、数え切れないくらい吐いてしまった、という場合も多い病気です。吐き気がおさまっても、今度は水のような下痢が襲ったりし、そのまま熱が上がるという場合も多くあります。

しかし一般にはこのような症状は長くて2日程度で止まります。また後遺症などもありませんが、嘔吐だけであったり、下痢だけという場合もありますし、体がだるかったり、軽い風邪のようなもの、という場合もあります。

ノロウイルスの感染源のほとんどは、食べ物や食器など、つまり経口感染型です。ノロウイルスを溜めている食材としてよく知られているのは、カキやアサリや蜆などの二枚貝です。

これらを食べたり、あるいは食器にまだ付着している状態で他の食べ物を食べたりしても感染します。昔は井戸水などでも症例がありましたが、今はほとんど見られません。

その他にはノロウイルスで健康を崩す要因としては、子供が嘔吐したものを片付け、その後不十分な手洗いのまま食事をしたりしても感染することがあります。

この病は、わずかの量のウイルスが体内に入り込んだだけでも感染し、また発病すると言われています。例えば患者が嘔吐したものが乾燥して、空気中にウイルスの粒子が含まれた場合でも経口感染する場合もあります。

ノロウイルスと似ているものに、ロタウイルスがあります。こちらも経口感染が主な経路で、特に秋から冬にかけての寒い時期に発生が多くなりますが、患者の糞便1グラム中、およそ100億ものウイルスが排出されます。

健康を害さないためにも、普段から手洗いうがいなど健康に気を付けて食事をするようにしましょう。