高齢者転倒リスク.com » 効き難い人について

効き難い人について

ブロック注射は、どのような人にも効果を表すわけではありません。中には、効き難い人も居ますので注意してください。

そのような人は、最悪他の治療を受けたほうが良いので、よく考えて行動をしてください。この治療法は、かなり個人差によって異なります。

個人の状態や病状によって、効果がどのくらい在るかなどが異なるので、この治療をしたからと言って、完璧に楽に慣れるとは言えません。だから、そのことを注意してください。

個人差で異なるのが効果の幅です。AとBと言う同じ病気を持った人がいるとしますね。Aの人はブロック注射をすることで、痛みとしびれを1時間抑えることが出来るとします。

しかし、それがBの人も同じ様になるとは限りません。Bの人は痛みとしびれを30分しか抑えることが出来ない場合があります。

また、痛みとしびれのどちらかが残る場合もありますので、注意してください。このように、個人差によって効果が異なります。また他にも、回数などが異なる場合があります。

Bの人は1回で先ほどの効果が出るとすると、Aの人が3回もしないと先ほどの効果を出さない場合があります。このように、注射を打つ回数も異なるでしょう。まあ、極端な話ですが、このように個人差で異なる場合があります。

またなかには、この治療方法がかなり効き難い人が居ます。何回も施術をしても効果を表さない人も居るので注意してください。

そして注意して欲しいのが、し過ぎるのはあまりオススメ出来ない点です。ブロック注射をし過ぎると、効果を下げてしまううえに、最悪問題が発生する場合が在りますので注意しないといけません。

このようにブロック注射があまり効かない人が居ます。この方法は副作用などが出難いですが、下手に使うと大変なことになりますので注意してください。