高齢者転倒リスク.com » しびれについての体験談

しびれについての体験談

朝起きて腕がしびれていたなんてことありませんか。私は、頚椎ヘルニアと診断される前、朝になると必ず左腕がしびれて目が覚めてしまっていました。

当初は、左側を下にして寝ていたのかなとぐらいにしか思っていなかったのですが、そのうち、起きている時でも左腕や左手にもでてくるようになりました。

頚椎ヘルニアの症状であることは後で分かったのですが、異常を認識した時点ですぐに病院に行けばよかったのですが、かなり経ってから病院にいったので、腕だけで収まらず、胸がいたくなったり、頭痛がひどくなったりと、症状がだんだんひどくなってきていました。

ヘルニアは腰というイメージが強かったため、まさか頚椎ヘルニアになっているとは夢にも思っていませんでした。腕や手の神経は、首から出て、肩の辺りを通って腕や指先まで伸びています。

その途中の神経が圧迫されたことにより痺れが発生します。この感覚は、当初はジーンした感じで、殆んど感覚がなく麻痺した感じでした。

例としては、正座したときにしびれますが、それが治まってきた頃、足全体がジーンとして感覚が麻痺した感じになると思いますが、その治まったころのジーンとした感覚でした。

麻痺した感覚はしばらくすると治まるのですが、腕の違和感がずーとある感じでした。特に横になると出てくるので、疲れていてもなかなか横になれませんでした。

眠いけど目が覚めたとき腕に出る症状が辛いの繰り返しで、不眠状態が続くようになり精神的にも辛い日々が続きました。

もともとあまり寝つきが良くないほうだったので、不眠状態になっても放っておいたのですが、さすがに痛みが伴えば病院に行かないわけには行きません。

男性には失礼かもしれませんが、女性は子供を生むことなどから痛みには強いように思えます。多少なら病院に行かず、ギリギリまで我慢していしまいます。でもそれがいけないのですね。変だなあと思ったら病院の受診をすべきと本当に思いました。