高齢者転倒リスク.com » 歯周病で状態を調べる

歯周病で状態を調べる

歯周病は歯ぐきなどに細菌が感染することによって発生します。その原因というと歯磨きの不足などが思い浮かびますが、実はこの歯周病ほかの病気の前兆としても知られています。

その代表的な病気が糖尿病や高血圧です。歯周病は以前から糖尿病の合併症としても知られていました。いったいどうして糖尿病になると歯周病になるのでしょうか。

糖尿病患者の多くが歯周病になる原因については実はまだ良く分かっていません。糖尿病による抵抗力の低下や歯周病菌が好む糖分が歯茎の中の血管内に多く含まれているからという説が出ていますが真相は定かではありません。

ですが歯周病患者の中には糖尿病になっている方が何人もいることから何かしらの因果関係があることは間違いありません。もし歯周病を患っているという方は一度糖尿病の検査も受けてみたほうが良いかもしれません。

また糖尿病以外にも健康に様々な影響を与えることが最近の研究で分かってきました。歯周病から発展する病気の種類は色々あり、心臓血管病や肺炎骨粗しょう症といった今後の生活に支障が出るような病気や低体重児出産や早産といった生まれてくる子どもの健康に悪影響を及ぼす恐れもあります。

こうした健康を阻害するようなトラブルを防ぐために歯周病から自分の身を守り健康を保つよう心がけましょう。歯の健康を守るためには何よりも毎日の歯磨きが重要です。

出来れば毎食後には必ず歯を磨くようにし、それが無理なら少なくとも毎日2回は歯磨きして口中に歯垢が堆積するのを防ぎ健康を保つようにしましょう。

すでに歯周病になってしまっているという方も諦めないで歯磨きを続ければ健康状態に戻る期間は早まります。それと同時に歯科医による歯垢や歯石の除去も依頼して口の中を徹底的に健康的にしてもらいましょう。

それ以外にも良く噛んで食べて唾液を多く分泌させたり、生活リズムを整えることも歯の健康には効果的です。日々の生活にも気を配り口の中から健康になっていきましょう。