高齢者転倒リスク.com » 椎間板ヘルニアと鍼灸

椎間板ヘルニアと鍼灸

椎間板ヘルニアの初期症状の方や症状の軽い方から、手術が必要な状態の患者さんまで、様々な椎間板ヘルニア患者さんが試すことができます。鍼灸では、椎間板ヘルニアの特効ツボを利用して、本場の中国針を使用しながら治療をしていきます。

鍼灸治療は、とても細くてまた柔らかい針を使って、管に入った鍼を軽く叩きながらツボを刺激していきます。東洋医学的な見地からは、人間の体には経路とよばれる気の流れが存在しています。

この経路のほとんどは体の奥深くを流れていますので、椎間板ヘルニアの治療に利用することはできませんが、部位によっては皮膚に近い経路があり、それがツボと呼ばれています。

このツボを刺激することで、気の流れが正常になってきます。その結果からだの全体バランスが整えられ、また椎間板ヘルニア患部にもその効果が現れてきます。

椎間板ヘルニアでは、正常な状態の椎間板が、その中身を外部に露出してしまうことで、脊髄の神経を圧迫し、激しい痛みが現れます。椎間板のツボを刺激し、この神経が高ぶることを抑え、同時に筋肉の疲労やこわばりを緩和させていくことができます。

また、お灸も用いられ、不調な部分の皮膚を焼き、同時に組織を再生させることが可能です。また椎間板ヘルニアに特徴的な坐骨神経痛の痛みにも効果があります。

椎間板ヘルニアに両側の下肢のツボの選穴とその刺激はとても有効です。特に長期にわたる症状がある場合では、補刺法を採用して血液循環と下肢の筋肉の回復を試行します。

このように鍼灸治療も、他の治療方法と同じように、人間が持っている自然の治癒力を最大限に呼び起こしながら治療を進めていく方法です。また自然治癒では姿勢の矯正と筋肉の強化も重要な意味を持ちます。

またこの方法だけに頼るのではなく、リハビリに努めることはとても大切です。また、鍼灸を受ける際には、整形外科や脳神経外科などでの確定診断をもらった上で進めることがいいと言われていますので、保存療法と平行させるという方も多いようです。