高齢者転倒リスク.com » 質の良い睡眠

質の良い睡眠

近頃調子が悪いという方はひょっとしたら日頃の睡眠に問題があるかもしれません。眠るというのは一日中働きづめの脳や身体を休ませて明日の活力を作る重要な時間です。

この時間をおろそかにしては健康な身体になることは難しいので質の良い睡眠をしっかりと取るようにしていきましょう。

そのためには寝る前の行動が非常に重要です。眠る環境をしっかりと整えることで健やかな眠りを得ることが出来ます。例えば眠る直前に脳や身体に刺激を与えるのはあまり健康にいいとはいえません。

カフェインなどの刺激物を摂取したりテレビやパソコンなどの画面を見たりすると脳が活性化されて眠りに付きにくくなってしまいます。

こうした刺激物を取ったりするのは眠りに付く3時間から4時間前までにしておきましょう。テレビ画面などを見るよりも身体を軽く動かして血行を良くすると寝つきが非常に良くなります。

寝る前に少し温めのお風呂に入ったり軽いストレッチを行うことによって血行を促進させることでぐっすりと眠ることが出来ます。また身体を寝る状態に整えるだけでなく寝る環境を整備するのも大切です。

寝具も合う合わないが人それぞれあるので 自分に合った寝具を探してみるのも良いでしょう。それと人間は眠っている間思った以上に汗をかくのでシーツや枕カバーなどはこまめに洗濯して清潔にしておくと良いでしょう。

また、朝目覚める時もいくつか工夫をすると朝すっきりと目覚めることが出来ます。人間の眠りの周期は90分ごとに浅い眠りと深い眠りを交互に繰り返すようになっており、浅い眠りのタイミングに日の光を身体に浴びるようにすると非常にすっきりと目覚めることが出来るそうです。

ぐっすりと眠ることができると身体に様々な健康効果をもたらします。特に身体を作る成長ホルモンは眠っている時に一番多く分泌され、子どもの成長はもちろん、大人にも体調不良の回復や肌の修復などの様々な効果が表るのでぜひお試しください。