高齢者転倒リスク.com » 工事でもらえる助成金

工事でもらえる助成金

リフォームの助成金を受けるための介護認定は、受けたらリフォーム業者とケアマネージャーを交えて住宅改修の相談をします。

今、どんなことに不便さを感じているのかそしてそのためにはどのようなリフォーム工事が必要なのか?段差の高さはどのくらいなら足があがり移動しやすいのか?

手すりの位置はどこが最善で何本どの高さにあればいいのかを話し合います。正直、上限20万円では全てはまかなえません。

そして、リフォーム工事の内容が20万円以内の場合、その金額全て下りるのでなく何パーセントと自治体で決まった割合の金額が支給されます。

なので、生活しやすいリフォーム工事を全て行い20万円を超える額の工事をし全額支給してもらったほうが正直いいです。

申請は、ケアマネージャーがしてくれます。リフォーム工事の内容を申請しどうしてこの工事が必要かを詳細に記入し工事前の写真をとれば手続き完了です。

リフォーム業者の方で福祉住環境コーディネーターの資格がある人は、申請できますが障害の程度などはケアマネージャーのほうが詳しいので頼んだほが早く進みます。

手続きが終われば工事可能です。工事中、完了後の写真をもう一度提出すれば後日、自治体から手紙が来て振込みの手続きが出来るのであとは個人で出来ます。

少々、大変ですがこれからの生活を少しでも快適にするための支給なので活用したほうがいいです。