高齢者転倒リスク.com » スポーツ障害への施術

スポーツ障害への施術

スポーツ障害とは、例えばゴルフや野球に多い肘の症状等、スポーツによって起こった怪我、つまり障害のことです。

成人での発症とともに、最近は子供の発症も多くなっています。またこの原因にも様々ですが、主には外傷とオーバーワーク、そして身体の歪み、この3つに原因があるケースがほとんどです。

プレイ中に身体を正しく使っていけばもちろんこのようなことは起こりませんが、プロ選手にもよくあるコンデイショニング不足や特定部位の酷使など、様々な理由で、現代のスポーツプレイヤー全ての方にとってかなりの確率で起こりえるとも言われています。

主なものとしては、野球選手の投球障害やゴルフプレイヤーの腰痛、首痛など、そしてサッカー選手の場合は腰痛の他に膝の故障も多く、ダンサーには股関節痛やアキレス腱炎などが多い障害です。

スポーツ障害のうち、例えば捻挫や打撲などであれば接骨での治療がよく行われていますが、カイロプラクティックでもケアを受ける方が多く、またカイロプラクティックの場合はスポーツ専門の施術院も多くなっています。

カイロプラクティックではその基本である徒手療法を用いたり、他にはリハビリテーションや神経機能回復のためのアプローチをしたり、アメリカで行われている最先端のカイロプラクティック治療を用いているところもあります。

カイロプラクティックでは薬を使用しない自然な治療によって、つまり自然治癒力を高めることができます。カイロプラクティックでのこのような、薬物を使用しない施術はスポーツ選手にとっても大切です。

体力には自信があるといっても、怪我をしている時はやはり集中して体力が使われますので、薬物の副作用は皆無ではありません。自分の体を自分の力で守るための方法を、カイロプラクティックでは提供して、教えます。

また、デスクワークで腰痛や肩凝りを発症している方も、ほとんどアスリートレベルの負担をかけていると言われます。このような方にももちろんカイロプラクティック治療はお勧めです。