高齢者転倒リスク.com » 腰痛改善と食べ物

腰痛改善と食べ物

腰痛にはどのような食べ物がいいのでしょう? 腰痛を持っている方、例えばデスクワークでパソコンを常に叩いている方にとっては、姿勢の悪化が主なポイントと考えられがちですが、食事によって必要な栄養分を吸収することを忘れてしまっては何も意味がないことになります。

例えばカルシウムがあります。カルシウムは骨にとっては大切な主成分です。腰痛は骨が弱体化し、変形したり軟骨がはみ出たりして起こる症状ですから、やはりカルシウムを十分に吸収することは不可欠です。

またこのカルシウムといえばミルク、牛乳が必要だと考える方は多いと思います。成人男性では1日に600ミリグラムは必要と言われますが、牛乳コップ一杯では約200ミリグラムですから、このうち吸収が可能な量を考えると、その吸収率を高めるために必要な栄養分の摂取も必須だと言えます。

つまりカルシウム分はビタミンDやマグネシウム、ミネラル分などと一緒に摂取するのが理想です。また牛乳だけではなく、チーズやヨーグルトなどの乳製品、ししゃもや煮干などの小魚、納豆や豆腐などの大豆製品にも多く含まれています。

その他には酢があります。酢にはクエン酸が多く含まれていて、食欲増進や疲労物質の分解など、疲労回復の効果を得ることができます。

カルシウムの吸収力を増やすことも可能です。つまりカルシウムのための食べ物と、酢の物などを組み合わせると効率がよりアップし、一石二鳥の効果を得ることができます。

またコラーゲンやコンドロイチンなどは軟骨の健康にとって不可欠です。特にヘルニアに代表される軟骨の病気には、軟骨の老化を防ぐことが大切です。

またヒアルロン酸は関節に効果が高く、ブロック注射などで直接患部に注射する治療法も多く用いられています。

このように腰痛に効果のある食べ物にも様々なものがあります。できるだけ効果を上げるためには、理学療法士や栄養士などのアドバイスをもらうことが推奨されます。

腰痛に生姜粉末はとてもおすすめです