高齢者転倒リスク.com » 耐震工事を検討する

耐震工事を検討する

東日本大震災では、あっけなく住宅が津波に流されたり、倒壊して自宅が見るも無残な形になっているのを目の当たりにしました。私たちが出来ることは限られていますが、出来るだけ準備して、もしものことに対して備えをしておくことは無駄ではありません。

もちろん住宅についても同じです。では、すでに建っている建物はどうするのか?リフォームで耐震強度を強化することが一つの方法となります。昭和56年以前の戸建住宅で木造の場合は、特に耐震性が不足しています。

耐震リフォーム技術は日進月歩です。今も進化しています。リフォーム各社では耐震実験を繰り返し、鉄筋コンクリート並みの強度を持ったリフォーム素材を開発しており、安価で強度のある基礎を提供しています。

「リノベーション費用を無料で比較検討できる~見積比較ナビ~全国対応」などの情報サイトにも耐震リフォームについて書かれているので、読んでみるといいでしょう。

また、柱と土台を接合して強化をはかったりしています。耐震診断もかなりの精度が求められます。

オリジナルの耐震診断ソフトで耐震力を測定し、この数値を耐震リフォームに活かすことはもちろんのこと、どのくらいのリフォーム費用がかかるのか?をかなり正確に見積もることができます。

費用対効果は、リフォームでは、避けては通れない最大のポイントですので、もちろんその点についても対策は十分に取っているわけです。

耐震リフォームで追加料金がかかるというのも、あまり考えたくない部分ではあります。築年数の経った木造住宅では、気をつけることがあります。

水周り等のシロアリの被害です。しっかりと建っていたと外観はそう見えていて、実は中はボロボロにシロアリに蝕まれていた! なんていう状態は大変危険です。

自分の家がそんなひどい状態だったとは、あまり考えたくないとは思いますが、これは避けられないことだと思います。

シロアリだけでなく、地面の基礎の部分は見えない部分ですので、地形変化によって、新築当時とは違った状態になっているのです。

しかし、耐震リフォームをすると決めたことで、今後の被害を食い止めることができるというのは、目的に適ったことではないでしょうか?築年数の古い戸建にお住まいの方は、一度リフォームを検討してみてはいかがでしょうか?