高齢者転倒リスク.com » 木造住宅の耐震工事

木造住宅の耐震工事

木造住宅の場合、耐震工事だけでなく、配管回りや基礎の見直しもしなくてはなりません。年数が経つと家の耐震だけでなく、水回りの配管も危険です。ここは消耗品ですから、年数が経てば配管回りは劣化してしまいます。

そして、この劣化により、気づかないうちに水回りから水が漏れ、家の土台に湿気を多く作ってしまっていることがあります。湿気の多い空間を作ってしまうと、今後はシロアリの被害など色々な問題出てくることがあります。

築25年以上の木造住宅のことを考えるときは、各部分ではなく、トータルで考える必要があります。耐震についてはもちろんのこと、水回りの配管回り、基礎(家の土台)にシロアリなどの被害がないかの確認。外壁塗装の問題など。

また、25年前は壁に断熱材を入れる作り方をしていませんでしたから、耐熱の問題などもあります。住宅のリノベーションを考えるときはポイントして、全体の修繕を見ながら、予算と相談をして、業者に相談することがお薦めです。

もし、住宅のリノベーションをお考えならば、リノベーション費用見積比較ナビの情報サイトがお薦めです。

ここのサイトは、厳選された優良業者から、見積もり、提案を匿名で受けることが出来るサービスです。多くの方が利用し、自分に合った理想のリノベーション業者を探すことに大変役立たれています。

あなたも、住宅のリノベーションをお考えなのであれば、こちらのサイトを利用してから、じっくりとそのプランについて考えることをお薦めします。