高齢者転倒リスク.com » 治療の流れ

治療の流れ

変形性膝関節症の治療としては個人的に日々の生活でこなす治療、それは膝に負担をかけないようにすることや体重など原因となる部分を改善することといった医師に頼るものではなく自分自身の管理のもとに行う必要があります。

これは治療としてはとても重要な事ですが、この自己管理のみで変形性膝関節症は治るという訳ではなく、当然薬などを利用する方法もあります。

変形性膝関節症の症状は基本的には痛みを感じる事がメインなので、まずこの痛みを解決するためにも痛み止めのような鎮痛剤を利用する事となります。それもそのはず変形性膝関節症の症状の痛みは状態によっては歩く事さえ困難に感じさせる事があるのです。

しかし軽度というものか、症状が比較的悪すぎない状態であれば日々の暮らしはそこまで不自由なく過ごせる程度ではありますが、この病気が悪化してしまった場合は、正座はもちろん歩く事が厳しい状態になってしまうのです。

なので、炎症を抑える痛み止めを服用する事は必要になってきます。そしてこの病気の原因には膝の軟骨がすり減ってしまう事によって症状が起きてしまうのですが、薬などによってこの軟骨を再生させる事自体は出来ないと言われています。

がしかし関節のそういった部分を保護してくれる役割を持つ薬を注入する事もあるのです。軽度であればそこまで辛いものではないというのが多少の安心でもあります。

ただ、変形性膝関節症の病状が悪化してしまって状態としては思わしくない場合には、手術も必要になってくる可能性もあるみたいです。

どのような病気が原因であっても手術は極力避けたいものと思うのは皆が思う事だと思います。なので、そこまでに至らない為にもこういった病気は少しでも異変を感じたら医師にかかり、悪化する前にきちんとした対処を開始して完治に近づけるというのが理想の形だと思います。