高齢者転倒リスク.com » 病院で診てもらう

病院で診てもらう

腰痛かな、と思ったら、すぐにでも病院で診てもらうことが推奨されます。特に腰椎すべり症などのケースでは、早期発見がよりよいすべり症改善のための条件でしょう。

腰椎すべり症は整形外科でレントゲン撮影などの検査を受けることで確定しますので、はじめはやはり脊椎専門の外科病院などで検査を受けることが望ましいでしょう。

整形外科での治療の他にも鍼灸院やカイロプラクテイックなどの方法がありますが、CTやMRIなどで詳しく病状を知り、また医師とのコミュニケーションによってリハビリや運動方法、またその他の改善方法をするべきかしないべきか、などが詳しくわかってくるものでしょう。

整形外科ではすべり症の症状にもよりますが、比較的初期のもので痛みも軽い場合には保存療法で治療をします。保存療法とは文字通り患部を手術で変更することなく保存したまま治療をする方法ですが、安静にすることを基本に、生活指導やコルセット、湿布や鎮痛剤など様々な種類があります。

また神経ブロック療法というものがありますが、こちらは神経まわりに直接局所麻酔薬を注射することによって痛みの伝達を消し、その結果素晴らしい自然治癒の効果を期待できるものです。

根本治療でなければ意味がない、と思うかたも多いでしょうけれども、完治が困難であるのがすべり症ですので、やはり付き合っていくためには重要な治療となります。

また、すべり症で日常生活やリハビリに耐えられないほどの痛みが出てしまうようになった、というケースでは手術を考える場合も多いでしょう。手術は固定術で骨をつなぐことになる場合も多いようです。できれば脊椎の専門医のある、大きな病院を選択することがいいでしょう。

すべり症など腰の病気は誤診が多いとも言われますが、やはり進行が早ければ早いほど、他の部位にも飛び火したりするということもあり、早期に発見できたにもかかわらず治療が遅れたということも十分に影響します。遅れたら遅れたことをしっかりと医師に相談するようにすべきでしょう。