高齢者転倒リスク.com » 坐骨神経痛との関連性

坐骨神経痛との関連性

坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアが原因となる場合が多い症状です。これと似たような症状を持ったことがあるという若い方も多いようですが、痛みやしびれまでにはいたらなくても、ちょっとした痛みなどがある、という場合、椎間板ヘルニアの予兆である場合も多いようです。

腰椎椎間板ヘルニアは、突然急性的に発症する例が多く、椎間板ヘルニアなどでのこのような発症の仕方をラセーグ徴候と呼ばれています。

また特に急性の椎間板ヘルニアでは、仰向けの状態になって下肢を伸ばしたり、または上に持ち上げようとすると、症状が一層ひどくなる場合が多く、左右の下肢のうち片側だけの症状が一般的ですが、ヘルニアの状態によって両側に出現する例もあります。

飛び出した椎間板の中身や膨らんだ椎間板が、坐骨神経を刺激し、痛みが出現しますが、坐骨神経は体の中で最も長い神経であるため、痛みもあちこちへ出る、という結果になってしまいます。

坐骨神経痛は2つのタイプがあります。根性坐骨神経痛は、いわゆる神経痛のことで、根は神経の付け根のことです。つまり、坐骨神経の根元での痛みが起きます。

坐骨神経は色々な器官に通じていますので、かなりの激痛が起こります。この原因として最も多いとされるのが、腰椎椎間板ヘルニアです。もう1つは症候性坐骨神経痛と呼ばれるものです。

こちらは原因すらまだ解明されていないという状況で、その特徴は臀部の筋肉が次第に固まってくることです。

椎間板ヘルニアの予防策としては、ストレッチ体操や腰痛体操が挙げられます。できるだけ腰を柔軟にしておくことが理想です。一般に、腰の病気には、激しい運動、そして怠惰な日常、の2つがよくないとされています。

つまり、これらの中間である、ほどよい運動をすることが理想です。ゆっくりとしたウエストの回転運動を始め、骨盤を矯正しながら、股関節の動きをとることが大切です。

また、ゴルフもゆっくりしたスポーツですが、力をこめた捻りは禁物です。